ブロックチェーンとマイナーがいてこそ成り立つビットコイン。しかし、今後は…

ビットコインの仕組み

ビットコインは世界中で使える仮想通貨として有名ですが、その仕組みはマイニングという機能により成り立っています。日々の取引記録を行うクラウドサーバーには、中央銀行などの介入がなく、代わりに取引記録をブロック単位で行う、オープンブロックチェーンを採用しています。これらのブロックをブロックチェーンに繋ぐ作業自体をマイニングといい、その作業に従事する人たちはマイナーと呼ばれています。マイナーはビットコインのマイニングを行うことで、10分単位といった短い時間で報酬を受け取ることができます。マイナーがビットコインの取引記録を管理することで、ネットワークを維持し、それらに対する報酬を支払うことで、経済的インセンティブとして機能しています。

ビットコインの高騰とマイニングへの影響

世界的な仮想通貨となったビットコインは、小売店などの決済や送金などの手段として幅広く活用されています。その一方で、短時間で値段が上下する傾向を利用したデイトレードなどの投機手段としても用いられるようになりました。これらの要因が、ビットコインの価格が大幅に上昇する現象を引き起こしています。また、実需要因の高まりと、競合する仮想通貨の登場により、送金手段としてのビットコインの需要は下がりつつあります。その他、ビットコイン特有の事情も影響することがあり、マイニング報酬が半減する半減期があります。半減期に突入すると、必然的にマイニングをする人は減少傾向にあるため、価格高騰と競合する仮想通貨の人気上昇により、ネットワークの維持が困難になる問題が指摘されています。