発掘作業と言われているマイニング。しかし、実はかなり高度な計算をしていた!?

マイニングの基礎知識

マイニングは、仮想通貨の取引を語るうえで欠かせないキーワードです。仮想通貨はその信用性を保つため、すべての取引履歴を記録・保存しています。取引履歴を記録するといっても、それは簡単ではありません。仮想通貨を支払った口座と受け取った口座を綿密に記録し、暗号化して保存します。記録の最終段階で暗号化が行われ、さらに分散して保存されるので、取引履歴のデータが悪意を持った者に改ざんされるおそれはありません。保存データの最小単位をブロックと呼び、取引履歴が増えるたびにブロックも増えていくので取引履歴全般をブロックチェーンと呼んでいます。仮想通貨の取引を分散保存された全ブロックに記録するには大量の計算処理が必要なため、有志の協力が欠かせません。データ処理に貢献した者には報酬として仮想通貨が与えられるため、マイニングと呼ばれています。

マイニングの実態とは

マイニングは仮想通貨の取引に信用性を持たせる大切な行為です。また、仮想通貨を新規に発行するにはマイニングしか方法がないため、挑戦したい個人や団体がたくさんあります。しかし、マイニングの計算処理はデータ量がかなり多いため、高性能のコンピューターが必要です。高性能のコンピューターは高価ですが、さらに注目すべきなのは電気代です。本格的にマイニングに取り組むには24時間体制でコンピューターを稼働させる必要があるため、電気代がかさむ傾向にあります。マイニングの報酬として得られる仮想通貨と電気代をよくチェックしないと利益が出ないおそれもあります。ただし、仮想通貨は価値が変動するので、将来の値上がりを期待して少々の赤字でも受け入れる選択肢もあります。